2015年10月14日

新型デミオをレンタカー

気がついたら10月も半ば。
寒くなって参りましたが、皆さんいかがお過ごしですか。

この時期、妙にドライブに行きたくなるんですよね。
車が大好きな自分にとって、ドライブは特別な時なのです。
そうそう、車好きは総じてドライブ好きですが、ドライブ好きは車好きとは限らないですよね…。

閑話休題。
愛車をもたない車好きにとって、「レンタカー選び」というのはとても神経を使うんですよね(そうですよね?)。
レンタカーで選ぶことが出来る車の中で、今一番お勧めなのが「MAZDA デミオ」です。
あまりにも好きになって、2WDのガソリンとAWDのディーゼル、試しました(笑)。
特にディーゼル車AWD仕様、これ、レンタカーで乗る際には指定していい位、良い車。
昨年のカーオブザイヤー受賞。それだけの理由があります。

タイムズカーレンタルで、新型デミオディーゼル仕様を借りてみた



タイムズのレンタカー___レンタカーならタイムズカーレンタル.png


「タイムズカーレンタル」(旧マツダレンタカー)は、車種も豊富でキャンペーン料金も魅力的でとてもお勧めなのですが(ステマじゃないよ)、マツダの関連会社だけあって、マツダ関係の車が豊富なんです。
もちろん、デミオも借りることが出来ます。
それも、ガソリンだけではなくディーゼルまで!
「C2Dクラス」を指定すると、このデミオディーゼル仕様を借りることが出来ます(キャンペーンによっては指定できないことが多いようです…)。

標準料金表_軽・ベーシック____レンタカーならタイムズカーレンタル.png


「SKYACTIV-D」というブランド名が付けられた1.5リッターのディーゼルエンジン。
詳しい説明は割愛しますが、とにかくトルクが豊富。
トルクが豊富だと、アクセルをそんなに踏まなくても、快適な加速感が得られます。
デミオのようなコンパクトカーには、ディーゼルエンジンは厳しいと言われてきましたが、それをきちんと実現するのがマツダというメーカー。

早速借りてみました。

塊感のあるデザイン



DSC03011.jpg


いやー、カッコいい。
マツダは「塊動」というデザインテーマをもとに、エクステリアデザインがなされています。
動物が獲物に飛びかかる瞬間、をイメージしているらしいのですが、まさにそんな感じです。
ギューッと機能を詰め込んだようなデザイン。
iPhone 5あたりのAppleデザインに通ずるものがあります。

DSC03003.jpg


スペシャルエディション等の例外はありますが、フロントグリルの赤い線、これがディーゼルエンジンの見分け方。
瞳をイメージしたというヘッドライトも、いい感じです。
祖母の家の前で撮影しましたが、こういう古い日本の風景にも良く似合いますね。
地方は車は贅沢ではなく必需品。このような風景に似合うかどうかは大切だと考えます。

質感は高くないがチープではない


車内に乗り込んでみましょう。

DSC03029.jpg


レンタカー仕様らしく、最廉価グレードのXD。
マニュアルエアコン&マツダコネクトなし。
質感は良くも悪くもありません。

DSC03031.jpg


以前別の機会に乗ったアクセラで使用したマツダコネクト、操作性はとてもよかったのですが、ナビの案内が「ん〜?ここ案内するか?」という、とても信頼ならない印象でしたが、今回は別のナビ「マツダスマートナビゲーション」が搭載されていました。
オーディオレス仕様+スマートナビゲーションという組み合わせになるようです。
これはしっかりとした、信頼できる案内で、なおかつ本当にシンプルな画面で好感が持てます。

DSC03038.jpg


マツダコネクト搭載を選ぶと、ナビゲーションも(SDカードですが)自動的に決定されてしまうのですが、マツコネ&マツダスマートナビゲーションという組み合わせは出来ない物ですかね…。
マツコネはバージョンアップで機能向上が期待できますが…。

ディーゼル、楽しい


さて、いざエンジンをかけると、武者震いっぽい「ブルル〜ン」という始動音が聞けます。
これ、人によってはうるさいと感じるかもしれませんが、ガソリンエンジンと大差ありません。
ただ、デミオのガソリン仕様も経験済みですが、ハンドルを伝わってくる振動はガソリン車の方が少ないです。

走り出しは若干重たい感じ。
ただ、クリープ現象は強いです、スルスルっと動き出します。

20km/hくらいからのトルクフルな加速は本当に気持ちがいいです。
アクセルを数mm踏んでるだけで加速して行きます。
今回、2日間で高速300km・市街地100kmほど走りましたが、どちらも本当にいい。

高速道路をスムーズに移動できる感じは、本当に5ナンバーのデミオか?という印象。
トルクは2.5リッターエンジンと同じほどあるので、本当に余裕がある運転が出来ます。
100km/hで流していると、回転数は1700くらい。
ただ、タコメーターは見にくかったです、慣れますが。

DSC03037.jpg


市街地では、20km/hくらいに感じられるディーゼル特有な「カラカラガラガラア」という音もしますが、後は気になりません。これ、本当。

信号待ちではアイドルストップします。
ただ、再始動のときには結構大きめな振動が伝わります。
このアイドルストップも細かい制御で、ブレーキを踏んで止まっただけではエンジン止まらないんです。
グッと踏み増すと、エンジンが止まるんです。
軽自動車などによく見られますが、「ここで止まらなくて良いよ!」という不快感は皆無です。
ちょっと長そうな信号待ち、渋滞なんかでは、ブレーキを踏み増してエンジン停止。
少しの間の停車ではブレーキそのままでアイドルストップなし。
これがドライバーの意思で出来るのはさすがです。

安心できるAWD



DSC03026.jpg


今回乗ったデミオはAWD仕様でした。「i-ACTIV AWD」というブランド名がついています。
これ、すごい安心感があります。
詳しい技術説明は割愛しますが、いわゆる生活四駆は「車がすべった!よし!後輪駆動!」というイメージなんですよね。
それに比べて、今回のマツダのAWDは常に後ろにも若干駆動力が伝わっています。
前99:後1くらいらしいですが、これのおかげか、本当に安心できるのです。
そして、センサーでスリップを監視するのですが、そのセンサー制御が上手い。
外気温やどのような道を進んでいるのか、ハンドルはどの程度切っているのか、ということまで判断して、「あー、これ、滑りそうだなぁ、よし、後ろのタイヤもっと動かすか」という感じで制御されています。
直進安定性や、雨の日のカーブは2WDよりも明らかに「どっしり」感があります。

以前のデミオは「e-4WD」といって、滑りやすい路面で発信するときに、後輪に積んだ小さなモーターでアシストしてくれる程度でしたので、大幅な刷新です。
というか、全体的に以前のデミオとは、ほぼ別の車に仕上がっていますよ。

おまけに燃費も良いと来たもんだ


燃費は総じて20km/Lほどでした。おまけに軽油。本当に経済的。
カタログ燃費とさほど大差はありません。
AWD仕様でそんなにエコランを意識した訳でもなく、普通に気持ちよく走ってこの燃費。
拍手喝采ものの技術でしょう。

レンタカーでは安心かつ快適に旅したい。だからこそ。


長くなりました。
これから冬のシーズンです、東北地方や北陸地方でレンタカーを使うことも多いかと思います。
レンタカーは見知らぬ土地を走る機会も多く、より一層安全に快適に過ごすことが出来なければならないと考えています。
その中で、このデミオディーゼル・AWD仕様は安全かつ快適に楽しく、旅を演出してくれます。
タイムズカーレンタルでC2Dを指定することが出来たら、レンタカーはこれで決まりでしょう。

…そして私はこの車を本当に欲しくなってしまいました。
レンタカーでもこれだけ、楽しめる車です。
自分だけの空間に出来たら、好きなときに好きなだけ乗ることが出来たら、人生楽しくなるだろうな…。

ニューモデル速報 第500弾 デミオのすべて
三栄書房 (2014-10-20)
売り上げランキング: 1,378

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by あんず at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月19日

MAZDAという会社が好きです

就活していたとき、MAZDAを受けました。そして落とされました。
それでも、MAZDAという会社が嫌いになれません。
むしろ、好きです。
現に、今ロードスターの中古を必死に探しています。

死の淵からマツダを復活させた1本のビデオ」という記事が少し前に話題になりました。
以前、MAZDAの関係者の方とお話をしていたとき、RX-8を観ながら「どうしてMAZDAは変わった車ばっかり創られるんですかね」と聞いたことがあります。
その人は「そりゃ、車創りたいために広島まで行くような人たちよ?」と言われ、妙に納得したことを覚えています。



この「死の淵からマツダを復活させた1本のビデオ」は、私も観たことがあります。
それが、新卒採用の説明会の会場でした。
説明会の冒頭に、このビデオが流れたのです。

当時からブランドやデザインが好きだった私は、企業の説明会に行くたびに、ブランディングが上手い・下手を自分の中でランク付けしていたのですが、ブランドメッセージのビデオが流された会社は、MAZDAだけだったと思います。
あとは、いすゞでテーマソングが延々とリピートして会場に流れていた、くらいでしょうか。

上の記事には、こんな事が書いてあります。

今度マツダの株を買ってください。株主総会は必ずブランド・エッセンス・ビデオから始まります。株主だけじゃないです。マツダの全スタッフも年に一度全員で集まって、必ずこのブランド・エッセンス・ビデオを見ます。設計とか販売とかだけじゃないんです。工場でクルマを組み立てるスタッフも、広島の本社の側にあるマツダ病院の看護師も、全員で見るんですよ。そうやってマツダは何をしていく会社なのかを確認して共有するんです。


これは「これからMAZDAに入りたいと思っている学生」に向けても同じなのです。

こういう、軸が通った会社は好きです。
だからこそ、最近のMAZDAは好調だし、趣味が悪い車も出していない。

01.jpg

わざわざレンタカーでロードスターを乗る位好き。 Photo by GRD4


ただ、説明会で「僕は車にそんなに興味がないんだけどね、運転もあまりしないし」と言っていた事務系の社員が居ました。
こういう人は、この会社には合わないんじゃないかとか、そんな勝手な事を考えていた事を、思い出しました。
だって、会社のメッセージが「Be a driver」ですよ…?

上の記事を読んだ後、MAZDAのテーマソング「風は西から」のミュージック・ビデオを観ると、グッと来るかもしれません。





やっぱロードスター買おう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by あんず at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月01日

ロードスターと、うなぎパイに惚れた。

クルマ大好きな人は共感いただけると思いますが、一生のうちに所有したいクルマというものがあります。
ポルシェ911なんていうのは、絶対に一度は乗りたい。
「割り切った」クルマが好きなので、2シーターとか大好きなんですね。

そのうちの一台、広島が誇るマツダ「ロードスター」。
なんと乗ることが出来ました。

01.jpg
キラーン

「いいなー、ロードスターいいなー」なんて良いながらネットサーフィン(死語)をしていると、マツダレンタカーのページにたどり着いた訳です。

スクリーンショット(2013-03-01 13.58.56).png

なに!!Xクラス50%OFF!?
ロードスターのレンタカークラスは、お高めのXクラスなんですねぇ。
貧乏デザイナーの私としては、普段はとてもじゃないけど、一泊に23000円弱なんか出せません。

しかしながらこのキャンペーン(現在は終わってるみたいです)で予約すると、なんとなんと11500円。
これなら手を出せなくない!ということで、思い立ったが吉日、次の日に乗ることにしたのです。

とてもとても愛想のいい、マツダレンタカー某横浜市内の店舗のお兄様に案内され、目の前に現れた3代目。
ここで言う3代目は、歌舞伎や店主の事ではない。

色はストーミーブルーマイカという大好きな濃い青。
走行距離11万キロ越え(!!)ということもあり、色々と不安もあったのですが、もうね、よかった。
日本車にもこういうクルマがあったんだね、というクルマです。

ありきたりな表現でごめんなさいですが、「人馬一体」とはまさにこのこと。
動きたいと思った通りにグボボボボー、曲がりたいと思った方向にスススーッ、止まりたいと思った場所にキキキーッ。

収納箇所が少ないとか、天井が低いとか、そんなことはどうだっていいのです。
そういう車は他に山ほどあります。
ティッシュ置き場だって、最近の軽ワゴンは付いてるんです。

そして待ちに待ったオープン!
…オープン状態の写真が一枚もない…。
だって興奮しすぎて、写真撮るどころじゃなかったんだもん。

オープンも、停車時でしか出来ませんが、屋根とフロントウィンドウの留め金を外し、ハザード横のボタンを押し続けるだけ。それだけ。20秒足らずで開きます・閉じます。

いいよなー、こういう車。
こういうクルマがまだ普通に売っていて、買えるっていうことは、とても良い事だと思います。
今年1年頑張って、来年には購入する事を、ここに表明します!!!!

さて、行ってきたのはここ。

02.jpg
春華堂「うなぎパイファクトリー」!!

そう、うなぎパイの工場です。
皆さんもすっかりお気づきだと思いますが、私、無類のうなぎパイ好きでして。
どうやって作られるのか、しっかりと観ておきたかったんですねぇ。

03.jpg

駐車場には、うなぎパイトラック!
ぜひトミカにしてほしい!

だって荷台が

04.jpg
!?

ビックうなぎパイ。

さて、工場に入りましょう。

05.jpg

…職人が丹精込めて生地を練り(おそらくここは企業秘密なのでしょう、公開してませんでした)

…職人が丹精込めて焼き…

06.jpg

ええっ?!

なんと、ハケで自動で塗っています。
なんということでしょう。

07.jpg

その後もほぼ、自動。
そりゃそうですよね、そりゃそうですよ。
今は2013年だもん。

工場にはカフェも併設されていました。
「へへっ、カフェか。うなぎパイをふんだんに使用した、おしゃれなスイーツでもあるのかね。」
なんて思いながら店内へ。

08.jpg

ありやがりました。
「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」。

うなぎパイでアイス挟んだだけの、とてもシンプルな、本当においしいスウィーツでございました。

浜名湖に近いので、「浜名湖ガーデンパーク」へ。

R0010201.jpg

11.jpg

展望台から、きれいな景色を独り占めだ!

R0010206.jpg
ちーん。

R0010207.jpg

近くに居たモアイがとても大きく見えました。


帰りは一目散に新東名で横浜へGO!

…といいつつ、誘惑の多いこの年頃、結局、気になっていた「駿河湾沼津サービスエリア」に寄り道。

09.jpg

すっかり日が落ちましたが、すごいですねぇ。
新東名のSAは「NEOPASA」という名称で、頑張ってるみたいです。
お土産豊富すぎるし、フードコードきれいだし、限定品も充実してるし、これはいいね。
気になる方はGoogle Street Viewで観れるみたいです。

10.jpg

その後、少し横浜をドライブしながら、涙ながらにロードスターちゃんを返却するのでした。

あー、欲しい。
というか、旅行後の寂しい気持ちは、なんか名称ないんですか?
「トラベラーズ・シンドローム」みたいな。無いな。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by あんず at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする